報徳学園・小園、攻守に躍動 オリ谷口スカウト「1位候補に変わりない」

[ 2018年10月3日 05:30 ]

福井国体高校野球硬式の部・準々決勝   報徳学園3―4浦和学院 ( 2018年10月2日    福井市営 )

3回(報)1死二塁、小園は同点の適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 報徳学園(兵庫)のドラフト1位候補の小園は3回に中堅左へ同点の適時二塁打。守っても初回先頭打者の中前へ抜けそうな当たりを好捕し「攻めのプレーができた」とうなずいた。

 オリックスの谷口悦司スカウトは「やっぱりいい。足もあるし、広角に打てる。1位候補に変わりはありません」と評価。早ければ、3日にもプロ志望届を提出する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月3日のニュース