楽天・則本 自身連敗5で止めた「迷惑かけてきた」

[ 2018年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―5ソフトバンク ( 2018年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>5勝目を挙げた則本(左)は平石監督代行とハイタッチ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天・則本が5月19日以来47日ぶりの5勝目を挙げた。2回の一挙5得点など打線の援護を受け、「野手の人が助けてくれた」と感謝した。

 雨が降る悪条件も重なり、昨季までの同僚・西田に2ランを浴びるなど6回7安打4失点。それでも、3回2死からの3者連続を含む8奪三振で「この1週間は変化球の精度を修正しようと思った。そこは良かった」と、復活へ手応えも口にした。自身の連敗は5でストップ。「チームに迷惑をかけてきたので、自分で勝ちに導ける投球をしたい」と前を向いた。

 ▼楽天・島内(2回に右中間4号3ラン)茂木が併殺崩れで1点取ってくれたので、楽な気持ちで打席に入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月6日のニュース