オリ山岡 一発病に泣き8敗目 両リーグワースト16被弾

[ 2018年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―5ロッテ ( 2018年7月5日    京セラD )

<オ・ロ>5回無死、井上(右)にソロを浴びた山岡(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・山岡が一発病に泣き、7回5失点でリーグワーストに並ぶ8敗目を喫した。

 5回に井上にソロを浴びるなど一挙5失点。登板10試合連続の16被弾は両リーグワーストだ。自身6連敗となった2年目右腕は「5回が全て。何とか最少失点で切り抜けたかった」。観戦した宮内義彦オーナー(82)は「出だしは悪かったが、半ば過ぎて3位だから最後は上がる。想定通り」と混戦を抜け出して、上位追走に自信を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月6日のニュース