マエケン 7日対決か 打者・大谷を警戒「年を追うごとにいい打者に」

[ 2018年7月6日 05:30 ]

ドジャースの前田(AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田は次回登板の6日(日本時間7日午前11時7分開始)のエンゼルス戦に向けてキャッチボールなどで調整し、対戦する可能性のある大谷への警戒感を示した。

 日本では交流戦で対戦し、通算7打数2安打4三振。実現すれば、15年以来3年ぶりの顔合わせとなる。対戦が少なく、明確なイメージはないというものの「確実に年を追うごとにいい打者になってきているし、打者として仕上がってきていると思う。気を付けないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月6日のニュース