南北大阪大会リハ 大雨の影響で21チームが欠席

[ 2018年7月6日 17:46 ]

大阪大会の開会式リハーサルに参加した大阪桐蔭の中川主将
Photo By スポニチ

 7日に開幕する「第100回全国高校野球選手権記念南・北大阪大会」の開会式リハーサルが6日、京セラドーム大阪で行われた。大雨の影響などで21チームがリハーサルを欠席。大阪大会は7日、予定通りに開幕する。大阪府高野連の伊原理事長は7日について「雨の影響で(開会式に)来られないところはやむを得ない」と話した。

 前年度優勝校で今春の選抜大会を制した大阪桐蔭などがリハーサルに出席。中川卓也主将(3年)は「100回という節目の大会で先頭を歩くので、しっかり行進したい」と気持ちを引き締めた。

 開会式後の始球式は、広島やメジャーリーグで活躍した黒田博樹氏(43)が務める。上宮では控え投手で甲子園出場はなく、専大を経て96年ドラフト2位で広島入りし、08〜14年はメジャーでプレーするなど16年の引退までに日米通算203勝を挙げた。

 大会には南北合わせて175校が参加。南大阪は28日、北大阪は29日に決勝戦が行われる。

 <7月7日の試合>

 大産大付―高槻北

 山本―花園

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月6日のニュース