ソフトB摂津 次こそ逆襲 粘れず…最短2回4四球5失点KO

[ 2018年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―6楽天 ( 2018年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>2回無死、アマダーに同点ホームランを打たれた摂津(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 自滅した。雨が降る仙台のマウンドで、ソフトバンク・摂津は初回から2四球を与え、制球に苦しんだ。何とか無失点で切り抜けたものの、続く2回は先頭のアマダーにソロアーチを浴びた。1死から2四球と安打で満塁とし、内野ゴロの間に追加点を奪われ、島内には右中間へ3ランを許した。今季最短の2回で4四球を与え、5失点KO。

 「調子は悪くなかった。しっかり抑えておけばという試合だった。チームに申し訳ない」。言葉少なにバスに乗り込んだ。

 早々に見切りをつけた工藤監督は「(投球フォームの)バランスを試合の中で何とかしたい気持ちが裏腹になった。傷口が広がる前に。後半戦も頑張ってもらいたいので、早めに代える決断をした」と次回登板での逆襲を期待する。倉野投手統括コーチも「コントロールできていなかった。ブルペンは悪い状態ではなかった。原因は分からないが、次は期待したい」と話した。

 打線が粘り強い反撃を見せる中で、4番手のモイネロが7回に追加点を許したのも痛かった。指揮官は「あの1点。投手コーチらとの(連係)ミスがあった。反省しないといけない」と悔やんだ。

 再びロッテに並ばれ、オリックスと合わせて3チームが同率3位。早く混戦を抜け出し、首位・西武を追いかけたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月6日のニュース