日本ハム・大谷、DH起用へ 昨季・326の近藤は捕手で

[ 2016年2月29日 05:55 ]

<日・広>4回無死一塁、安打を放った大谷

練習試合 日本ハム1―6広島

(2月28日 コザしんきん)
 日本ハムの大谷が野手での出場時に代打ではなく、主にDHで起用される。栗山監督が昨季、DHでリーグ3位の打率・326をマークした近藤を「あの若さ(22歳)ではない」と主に捕手で起用する方針を示したため。

 「5番・DH」で出場した大谷は4回に中前打。6回には左翼へ飛球を放ち、前進した土生が打球の伸びに慌てて背走し、フェンス際でキャッチ。この飛距離が肉体改造の成果だ。実戦8試合で28打数9安打、打率・321。「全体的に悪くはなかった」と振り返った大谷の「野手」開幕は、早ければ開幕投手を務めた2日後、3月27日ロッテ戦(QVCマリン)になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月29日のニュース