中日ドラ1小笠原 43球投げキャンプ終了「70~80点ぐらい」

[ 2016年2月29日 17:33 ]

 中日ドラフト1位新人の小笠原(神奈川・東海大相模高)はブルペンで43球を投げ、初のキャンプを締めくくった。28日の練習試合で出た課題の制球を修正すべく、フォームの確認を交えながら投げ込み「感覚はそんなに悪くなかった」とうなずいた。

 左肘に不安を抱えた中でキャンプインしたが、順調に段階を踏んで実戦にも登板。無事に1カ月を終え「投げることができたので、70~80点ぐらい」と自己採点した。谷繁監督も「球数も投げられるようになったし、いいんじゃないか」と及第点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月29日のニュース