臨時コーチのゴジラが“熱投”縁ある日系3世捕手感謝

[ 2016年2月29日 05:30 ]

 ヤンキースのキャンプに臨時コーチとして参加している松井GM特別アドバイザーが打撃投手を務めた。今キャンプ初で、マイナー契約の招待選手を相手に15分間で135球の熱投。日系3世捕手のヒガシオカは「たくさんストライクを投げてくれた」と喜んだ。

 08年ドラフト7巡目で入団したヒガシオカは、松井氏が左膝の故障でリハビリしていた際にマイナーでともにプレー。「いつも話しかけてくれたし、ナイスガイ」と思い出を語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月29日のニュース