松坂 初実戦へ宮崎残留で調整、3・3斗山との練習試合登板

[ 2016年2月29日 16:28 ]

 昨夏の右肩手術を経て、28日に初の実戦形式の投球に臨んだソフトバンク・松坂は変化球を交えたキャッチボールなどで汗を流し「そんなに(肩の)張りはない」と明るい表情だった。3月6日まで宮崎に残り、3日に韓国プロ野球の斗山との練習試合(宮崎アイビー)に登板する予定。

 2月のキャンプでは右肩の状態をチェックしながらだったが「投げること、走ることは十分にできた」と納得の調整だった。久しぶりの実戦を控え「足りないところはいろいろ出てくる。出てきてはつぶしていく」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月29日のニュース