小笠原実戦デビュー 1回1失点も谷繁監督は合格点

[ 2016年2月29日 06:51 ]

<中・LG>3番手で登板し1回1失点の小笠原

練習試合 中日5―10韓国・LG

(2月28日 北谷)
 中日のドラフト1位、小笠原慎之介投手(18=東海大相模)が韓国・LGとの練習試合(北谷)で上々の実戦デビュー。7回の1イニングを1安打2四球で1失点したが、谷繁監督からは「不運なヒットがあった。上々の出だし」と合格点を与えられた。

 球団スコアラーのスピードガンでは、最速146キロを計測した場面もあった。それでも、「四球2つが一番痛かった。ストライクゾーンが高校時代と違うと言ってしまえば言い訳になる。悔しさしかないです」と反省した。

 いきなり連続四球、三邪飛、そして遊撃内野安打で1死満塁となり右犠飛。最後は捕邪飛だった。この結果を受けて、首脳陣も3月6日にナゴヤドームにヤクルトを迎えるオープン戦登板にGOサイン。「結果を残して、もっと注目される選手になりたい」と誓った黄金ルーキーが、いよいよ本拠地デビューする。(水口 隆博)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月29日のニュース