吉村“代打の神様”6回V撃!オリ金子粉砕、広げた2・5差

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<ソ・オ>8回無死一塁、左中間に2ランを放った吉村はナインの出迎えを受ける

パ・リーグ ソフトバンク10―3オリックス

(9月3日 ヤフオクD)
 ソフトバンクにも「代打の神様」がいた。首位攻防戦第2ラウンドでチームに大きな白星を呼び込んだのは吉村のバットだった。1点を追う6回。2死満塁から柳田が押し出し四球を選んで同点に追い付いた直後、難攻不落の金子の2球目の外角直球を中前にはじき返す2点適時二塁打だ。

 「ピッチャーが誰とかじゃなく、“代打はオレが行くんだ”と気持ちを入れて打席に立ちました。打席に入る時、声援をいただいたのが後押しになったと思います」
 値千金の一打。これで今季の代打成績は15打数7安打、打率・467。10打点は代打ではリーグ最多だ。お立ち台で胸を張ってヒーローインタビューに答える姿は、ファンには頼もしく映ったに違いないだろう。

 一打席にかける思いが感覚を研ぎ澄ませていた。6回、T―岡田の一発で勝ち越された後に出番を予感、準備を整えていた。初球、真ん中高め145キロの直球を積極的に振っていった。「いいピッチャーだというのは分かっているので。追い込まれると不利になるから」。ファーストストライクから狙う代打の鉄則を実践し、勝利の女神を振り向かせた。

 8回に巡ってきた第2打席は3番手・海田から左中間スタンドにダメ押し3号2ラン。練習休日に見た映画「STAND BY ME ドラえもん」を思い出し「ドラえもんの誕生日にホームランを打ててうれしいです」と口も滑らかだった。

 吉村にとってはプロ生活12年目で初の優勝争い。「チームのみんなが同じ方向を向いている」状態が心地いい。チームは両リーグ最速の70勝。眼下の敵を叩き、ゲーム差を2・5に広げる殊勲打に秋山監督も「吉村はいいバッティングだったな」と目を細めた。

 ▼ソフトバンク・李大浩(イデホ)(4回、金子から17試合ぶりとなる左越え14号ソロ)球界No.1の投手からの一発は特別だった。 

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース