涌井、元本拠で移籍後初勝利 慣れ親しんだ場所で直球さえた

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<西・ロ>8回3安打1失点の好投を見せ 勝利投手の涌井は、ヒーローインタビューを終えスタンドのファンに帽子を振る

パ・リーグ ロッテ6―1西武

(9月3日 西武D)
 ロッテの涌井が、移籍後初となる元本拠地での勝利をつかんだ。慣れ親しんだマウンドから投げ込む直球には切れがあり、4回の森との対決では最速147キロをマークした。

 移籍後初の完投勝利は逃したが、8回3安打1失点の快投。今季6勝は全て敵地で挙げており「(QVC)マリンで勝つことを自分も願っている。残り試合は全部勝ちたい」。沢村賞右腕にとって、自信を取り戻す白星になった。

 ▼ロッテ・伊東監督 涌井の球はうなっていた。こういう投球を望んでいた。古巣相手によく投げたね。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース