山口 史上8人目7年連続50登板「これからも投げ続ける」

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<巨・広>7回1死満塁のピンチに、チームメートから激励される山口

セ・リーグ 巨人4―2広島

(9月3日 前橋)
 巨人の山口が史上8人目となる7年連続50試合登板を達成した。

 4―1の7回から登板。1死満塁のピンチを背負ったが、菊池、丸をいずれも直球で空振り三振に斬り、1回を無失点に抑えた。

 「厳しい状況が続いているけど、とにかくゼロに抑えられて良かった」。毎年フル回転でブルペンを支える鉄腕は、自身の持つ球団記録をまた1年更新し「それだけ使ってもらっているのは良かったです。これからも投げ続けていきたい」と先を見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース