レイズ本拠地 また落雷で停電 試合中断

[ 2014年9月4日 16:28 ]

停電により試合を一時中断したトロピカーナ・フィールド (AP)

ア・リーグ ブルージェイズ7―4レイズ

(9月3日 セントピーターズバーグ)
 3日にトロピカーナ・フィールドで行われたレイズ―ブルージェイズ戦は、停電により試合が一時中断した。

 3回、レイズの攻撃中に突然いくつかの照明機器が消えると、ブルージェイズのバッテリーが天井を指さして球審にアピール。その後、レイズのマドン、ブルージェイズのギボンズ両軍監督と審判団が話し合い、停電が復旧するまで試合を一時中断。約30分後に試合は再開された。

 同球場に電力を供給している変電所に雷が落ちたのが原因。8月30日に行われたレッドソックス戦でも同じ理由で試合開始が12分遅れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース