岩田“自滅”5回3失点で7敗目 痛恨被弾に「失投です」

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<神・D>8回裏、打線が沈黙してベンチで浮かない表情の和田監督(左から2人目)

セ・リーグ 阪神1―3DeNA

(9月3日 甲子園)
 持ち前の粘り強さは影を潜めた。5回7安打3失点で降板。2連勝を託された阪神先発の岩田が中盤にしてマウンドを去った。1点リードの2回には1死二塁から白崎に左前適時打を献上。同点で迎えた4回の投球が悔やまれた。

 「やりたいことができなかった。(被弾は)失投です」

 失投だった。先頭のバルディリスに投じた6球目。カウント2ボール2ストライクから高めに浮いたフォークボールをバックスクリーンに運ばれた。2回から降板する5回まで4イニング続けて先頭打者に出塁を許し、和田監督からも「あれだけ先頭を出すとね。入りが甘すぎる」と叱責された。

 また打席でも2回1死一、二塁と、4回1死一、二塁でいずれも犠打失敗で三振。「(バント)練習します」。自身の首を絞める結果となり、7敗目は必然だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース