西武凸凹バッテリーは6失点 3度目先発マスク森“反省”

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<西・ロ>ブルペンで試合開始前の投球練習を終えグータッチするレイノルズ(左)と森

パ・リーグ 西武1―6ロッテ

(9月3日 西武D)
 西武の2メートル1のレイノルズと凸凹バッテリーを組んだ1メートル70の森は完敗に悔しげだった

 助っ人右腕は、2回に4失点するなど6回途中6失点。「いろいろ(反省は)あります」と3度目の先発マスクを振り返った。打っても3打数無安打で8回の守備から交代。「(涌井は)真っすぐも変化球も良かった。甘い球が少なくなってきているのは感じる」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース