巨人 マジック「22」点灯!完封リレーで首位攻防戦3連勝

[ 2014年9月4日 21:13 ]

<巨・広>5回2死満塁、ロサリオを三振に打ち取った沢村はガッツポーズ

セ・リーグ 巨人1―0広島

(9月4日 宇都宮)
 巨人が投手戦を制し、広島との首位攻防戦に3連勝。マジック点灯対象チームのDeNAが阪神に敗れたため、巨人の優勝へのマジックナンバー22が点灯した。

 4回まで1安打に抑えられた打線は5回1死一、三塁、長野の二ゴロの間に三塁走者が生還して先制。この1点を4人の継投で守り切った。

 先発の沢村が7回5安打無失点と好投すると、8回から西村、山口、マシソンとつないで完封リレーで逃げ切った。沢村は今季3勝目(3敗)。

 広島は先発の福井が6回3安打1失点と粘ったが、打線がつながらず。3回2死一、三塁、5回の2死満塁の場面でいずれもロサリオがするなど、ここまで2試合連続本塁打と好調だった助っ人がブレーキとなった。チームは3連勝のあと3連敗で、阪神と入れ替わり3位に転落。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース