49歳・山本昌 5日阪神戦で今季初先発へ 64年ぶりの記録更新へ

[ 2014年9月4日 18:17 ]

8月26日の2軍戦に先発し、5回2失点の山本昌

 中日・山本昌が5日の阪神戦(ナゴヤドーム)で今季初登板することになった。4日に発表された予告先発で分かった。

 8月11日に49度目の誕生日を迎えた山本昌。プロ野球の最年長出場記録は1950年に浜崎真二(阪急)が記録した48歳10カ月で、登板すれば64年ぶりの記録更新となる。勝利投手になった場合には、これも浜崎が持つ48歳4カ月の記録を塗り替えることになる。

 4日はブルペンでは35球を投げ「(調子は)それなり。当日になってみないと。ちゃんと練習してきたつもりなので頑張りたい」と今季初登板へ意気込みを語った。

 84年に中日に入団した山本昌は昨季まで576試合に登板し、218勝164敗5セーブの成績を残している。
 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年9月4日のニュース