女子プロ野球が入団テスト 24、25日に川口市営球場で開催

[ 2014年9月4日 05:37 ]

女子プロ野球入団テストでの打撃テスト

 未来の女子プロ野球選手集まれ!さらなる普及と逸材発掘のために、日本女子プロ野球リーグは24、25の両日、埼玉・川口市営球場で関東地区入団テストを実施する。同リーグでは近畿(7月)、中部(8月)に続き、関東、中四国、九州の全国6地区で入団テストを11月頃まで順次実施しているが、受験者は高校の女子硬式野球部所属の選手をはじめ、ソフトボール出身者、男子の高校野球部に所属選手など様々。すでに関西地区の入団テストでは3人の入団内定者も決定した。

 今回実施する関東地区での入団テストはこれまでと同様に2日間の日程で行われ、1日目=【1次テスト】(共通)50メートル走/遠投、(投手)投球、(野手)打撃/守備、【2次テスト】(共通)シートノック/シートバッティング、野球教室、面接、2日目=試合形式(シートバッティングか紅白戦)、面接の内容が予定されている。

 受験資格は「女子プロ野球を普及し、発展させたい」という熱い気持ちを持つ女性で、現在在学中の選手は来年3月に高校、大学、各種専門学校を卒業見込みであることなどが条件となる。

 受験料は3000円(税込み)で当日持参する。また受験生には一部交通費を上限5000円まで補助する。

 エントリー入手方法は(1)日本女子プロ野球リーグ公式サイトから印刷、(2)入団テスト事務局から資料請求(※入団テスト1週間前まで)のいずれか。

 詳しくは日本女子プロ野球機構入団テスト事務局(担当・宮井)フリーダイヤル0120(89)1538(平日10~17時)。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース