東都波乱の開幕 王者亜大が黒星発進…ドラ候補山崎“自滅”

[ 2014年9月4日 05:30 ]

東都大学野球第1週第1日 亜大3―5中大

(9月3日 神宮)
 秋季リーグが開幕し、1回戦2試合が行われた。開幕戦では史上初の7連覇を目指す亜大が、中大に敗れる波乱の幕開けとなった。今秋ドラフト候補の山崎康晃投手(4年)が7回2/3を10安打5失点。8回につかまり、逆転負けを喫した。第2試合は駒大が土壇場の9回、青学大に追い付き、規定により2―2で引き分けた。
【試合結果 日程 勝敗表】

 エース右腕・山崎がまさかの自滅で開幕戦を落とした。3―1で迎えた8回、1点差とされた後に連続四球で傷口を広げ、暴投で追い付かれた。さらに三塁打で2点を勝ち越されて降板。「球が全体的にバラついた。打者と勝負できなかったのは今の自分の力」と悔しさをにじませた。

 5回以外は毎回走者を背負う苦しい投球。最速147キロの直球やスローカーブ、チェンジアップなどの新球も織り交ぜて6回まで無失点にしのいでいたが、球数が100球を超えた7回以降につかまった。生田勉監督は「オープン戦からこんな感じ。もっと粘りが欲しかった。自滅ですね」と厳しかった。

 2番手投手の調子が上がっていないチーム状況で手痛い黒星。山崎は汚名返上に向けて「2戦目は抑え、3戦目は先発でいけるよう準備したい」と3連投も辞さない覚悟を口にしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース