今季最多6失点KO…オリ金子でまさか大敗、開いた2・5差

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<ソ・オ>4回2死、李大浩に左越え本塁打を打たれガックリの金子

パ・リーグ オリックス3―10ソフトバンク

(9月3日 ヤフオクD)
 想像だにしない結末だった。オリックスのエース・金子が今季最多6失点で6回途中降板。12球団唯一の防御率2点台を誇る投手陣が今季2度目の2桁失点に沈んだ。

 「次の日に勝つことで、前の日の引き分けがつながってくる。そういう意味では残念」

 首位・ソフトバンクとのゲーム差は2・5に広がった。森脇監督も唇をかみしめる痛い敗戦だった。

 球界を代表する右腕でさえも、強力打線を止めることはできなかった。味方が勝ち越した直後の6回。2死走者なしの場面から右腕は崩れた。連打と四球で満塁とし、今季初の押し出し四球で同点。吉村、明石に連続適時打を浴び、降板した。

 「向こうの打者が上回った。今後、今日のようなことがないようにしなければならない」

 7回未満での降板は実に9試合ぶり。安定感あふれる男の“例外”が最後まで響いた。

 敗れはしたが、攻めの姿勢は示し続けた。序盤から積極的に盗塁を仕掛け、相手を揺さぶる。盗塁の企図数は今季最多の6度。うち4度が失敗だったが、結果論を恐れていたら動けない。指揮官自らが挑戦者集団の先頭に立った。

 「いい準備をして、トライしてアウトになる。これはあり得ること。失敗を怖がらないことで、チームは動いてきた」

 痛い敗戦には違いない。だがシーズンは残り27試合もある。攻め続ける姿勢がある限り、不可能は何もない。 

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース