プロ9年目初完投の山口 33年ぶりの“遅咲き”記録

[ 2014年9月4日 07:54 ]

<神・D>山口は1失点完投で6勝目をあげファンの声援に応え

セ・リーグ DeNA3―1阪神

(9月3日 甲子園)
 DeNAの山口がプロ9年目で初完投勝利。シーズン6勝は09年と昨季の各5勝を抜く自己最多勝利で、11奪三振も7月14日広島戦の10三振を上回る最多奪三振になった。

 なお、チームで9年以上かかって初完投勝利を挙げたのは、佐藤政夫が81年8月3日のヤクルト戦でプロ12年目にして初完投初完封して以来33年ぶりだ。

 ▼DeNA・川村投手コーチ(山口は)直球に力があって要所で力勝負ができた。パワーピッチャーは直球が命。これをきっかけに自信を持ってくれれば。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース