ソフトバンク 首位攻防戦連勝!オリとのゲーム差3・5に!

[ 2014年9月4日 21:35 ]

<ソ・オ>6回無死、左越え15号ソロを放った内川をナインが出迎える(右は松田)

パ・リーグ ソフトバンク2―0オリックス

(9月4日 ヤフオクD)
 首位・ソフトバンクが2位・オリックスに連勝。その差を3・5ゲームにまで広げた。 
 4回、内川と柳田の2本の単打で2死一、二塁とすると吉村の右前適時打で先制。続く6回にも内川の左越え15号ソロでリードを広げた。

 今季、本拠地・ヤフオクドームでは初登板となった先発の武田は初回から制球が安定せず、5回まで毎回四球を出す苦しい投球。それでも要所を何とか抑えて7回途中、2番手・森福にマウンドを譲るまで6回1/3を投げ、4安打無失点で3勝目を挙げた。

 負けられないオリックスは登板2試合連続で中5日の先発マウンドとなった西が6回まで106球を投げて6安打2失点の力投を見せた。しかし、打線がソフトバンク投手陣を攻め切れず、7回に訪れた1死二、三塁の好機にも平野恵、安達が続けて倒れて得点を挙げられず、結局、今季10度目の零封負けを喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月4日のニュース