駒大エース今永2発被弾も…無四球10Kで引き分け呼び込む

[ 2014年9月4日 05:30 ]

<青学大・駒大>駒大先発・今永

 今春、リーグタイ記録となる3戦連続完封をマークした駒大のエース左腕・今永が粘りの投球で引き分けを呼んだ。2発を被弾した以外は連打を許さず、10奪三振で完投。「うまくしのげた。負けがつかなかったのは大きい」と振り返った。春は制球が不安定で球数が150球を超える試合もあったが、この日は無四球で112球に収めた。「がむしゃらじゃなく、根拠のある球を投げていきたい」と話した。

 ▼青学大・河原井正雄監督 詰めが甘い。選手の状態は良くなってきたので、勝ち点を取りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月4日のニュース