ジーター見たい…本拠地最終戦チケット、10倍以上に高騰

[ 2014年2月21日 05:30 ]

 ジーター引退表明を受けて、ヤンキースの本拠地最終戦となる9月25日(日本時間26日)のオリオールズ戦のチケットが高騰している。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、12日午後2時の引退発表時に26ドル(約2650円)の最安値チケットが、同4時半には280ドル(約2万8560円)と10倍以上に急騰。昨季引退した守護神リベラの本拠地最終戦の平均467ドル(約4万7630円)に対し、今回は平均800ドル(約8万1600円)を超える予想で、関係者も「今までで最もクレージーだ」と驚いているという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース