坂口一発アピールも「まぐれです」 原監督は「成長一番株」評価

[ 2014年2月21日 05:30 ]

<巨人VS韓国・LG>3回無死、左越えにソロ本塁打を放ち、大竹(右から2人目)らベンチの祝福を受ける坂口(右)

練習試合 巨人3―2韓国・LG

(2月20日 沖縄セルラー)
 巨人2年目の坂口が猛アピールだ。3回に先頭で迎えた第1打席で、カウント1―1からのスライダーを左翼席へ運んだ。

 「まぐれです。上体の力を抜いて下半身の力を使っていこうと意識した」。これで11日の紅白戦を含め実戦4試合で10打数4安打、打率・400、1本塁打、3打点。原監督も「今のところ成長一番株じゃないか」と目を細めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース