マー君 初のフリー打撃登板 ヒット性の当たりなし!

[ 2014年2月21日 23:31 ]

キャンプ初の打撃投手に登板したヤンキース・田中将大

 ヤンキースの田中将大は21日、マイナー選手相手のフリー打撃に登板。打者は球筋を見るアメリカのスタイルだったが、27球を投げ4スイングで空振り1、ファウル2、ニゴロ1とバットの芯に当てさせなかった。

 直前にはブルペンで35球。ややばらつきもあったが、マウンドに上がると変身した。正捕手候補のマッキャンとも初めてバッテリーを組んだ。「バッターが入ると風景も変わるのでそういうのを感じながら投げたい」と話していたが、また一段調整のペースが上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース