イチロー 米14年目キャンプイン 松井氏が臨時コーチ

[ 2014年2月21日 01:23 ]

キャンプインしたヤンキースのイチロー

 米大リーグで14年目のシーズンに臨むヤンキースのイチロー外野手が20日、フロリダ州タンパでキャンプインした。今キャンプでは、OBの松井秀喜氏が臨時コーチを務める。

 イチローは昨年8月に日米通算4000安打を達成したが、打率2割6分2厘、136安打はともにメジャー移籍後、最低の成績に終わった。オフに俊足巧打のエルズベリー、強打のベルトランと外野手を積極的に補強したチームの中で巻き返しを狙い、あと258本となったメジャー通算3000安打にどこまで迫れるかが注目される。

 松井氏は今月、宮崎市でのプロ野球巨人のキャンプでも臨時コーチを務めた。昨年はヤンキース傘下のマイナーで練習の補佐役をしていた。

 新加入した田中将大投手らバッテリー組は既にキャンプをスタートさせている。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース