1発被弾も…斎藤 「狙い通り」新球シュートで併殺斬り

[ 2014年2月21日 05:30 ]

<日・ロ>練習試合に登板する日本ハム・斎藤

練習試合 日本ハム4―5ロッテ

(2月20日 名護)
 6回から5番手で登板した日本ハムの斎藤が3回を投げ、4安打1失点だった。

 新外国人・ハフマンに一発を浴び「凄く悔しい」と話したが、7回1死一塁では、清田を新球シュートで詰まらせ遊ゴロ併殺。「狙い通り。手応えを感じている」と満足そうだった。栗山監督も「明らかに良くなっている。(斎藤)佑樹が一番前に進んでいる」とうなずいていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース