ダル 2度目の打撃投手、変化球で空振り奪う「球に力あった」

[ 2014年2月21日 09:31 ]

2度目の打撃投手を務めるレンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュが2度目の打撃投手を務め、力強い球筋を見せた。新加入のアレンシビアとバッテリーを組み、チェンジアップやカーブなど変化球でも空振りも奪った。若手を中心とした相手に鋭い当たりをほとんど許さなかった。

 「この前に比べて球に力はあったし、変化球は切れているとは思う」と納得の顔で振り返る。新しい捕手には「(球の)軌道は分かってもらえると思う。ちょっとずつ段階を踏んでやっていきたい」と語った。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース