李大浩 初マルチ&初打点 ヨナ効果で「ミスショットなくなった」

[ 2014年2月21日 05:30 ]

紅白戦の初回1死一、二塁、左前適時打を放つ李大浩

ソフトバンク紅白戦 紅組6―5白組

(2月20日 アイビー)
 ヨナ効果だ。オリックスからソフトバンクへ移籍した李大浩(イデホ)が、ようやく本領を発揮した。

 「4番・一塁」で出場し、2打数2安打3打点。紅白戦4試合目で初の複数安打と初打点を記録した。初回1死一、二塁から左前へ先制打。3回無死二、三塁でも右前2点打を放ち、2打席連続適時打となった。

 ソチ五輪女子フィギュアスケートで2大会連続メダルを獲得した同じ韓国出身のキム・ヨナの活躍に「国の英雄。精神力が素晴らしい」と刺激を受け「ミスショットがなくなった」と手応えを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース