井端 初実戦で渋くアピール ファウルで粘って進塁打

[ 2014年2月21日 05:30 ]

<巨人VS韓国LG>初回無死二塁、井端がニゴロを放ち、二走・坂本が進塁

練習試合 巨人3―2韓国・LG

(2月20日 沖縄セルラー)
 巨人の井端が初実戦でらしさを見せた。2番・DHで出場し、初回無死二塁で、4球連続内角球をファウルなどでしのぎ、6球目のスライダーを二塁へゴロを放つ進塁打。続く長野の右犠飛での先制点を呼び込んだ。

 「サインは出ていなかったが走者を進めたいと思っていた。久しぶりの試合形式でバットに当たって良かった」と語った。原監督も「1、2、3番でつないで、ああいう点を取られると相手も嫌だよね」と評価していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース