日本ハム・大野「左足首の内反捻挫」完治まで3週間以上

[ 2014年2月21日 19:34 ]

 日本ハムは21日、左足首を痛めていた大野が東京都内の病院で検査を受け「左足首の内反捻挫」と診断されたと発表した。完治まで最低でも3週間はかかる見込み。今後は千葉県鎌ケ谷市内の2軍施設でリハビリに取り組む。

 大野は20日の練習試合で走塁の際に痛めた。正捕手を欠き、経験の浅い近藤や市川を中心にオープン戦に臨む。栗山監督は「受け止めて何とかするしかない」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース