広島ドラ1・大瀬良 先発前日に異例の74球投げ込み

[ 2014年2月21日 19:32 ]

改修工事が終了したコザしんきんスタジアムでダッシュを繰り返す(左から)広島・中田、大瀬良、前田

 22日の阪神とのオープン戦で先発登板する広島ドラフト1位の大瀬良(九州共立大)が、ブルペンで74球を投げ込んだ。登板前日の投球練習としては異例の球数だが「(登板予定が)2回なので支障はないと思った。いい感じで迎えられる」と力強かった。

 キャンプインから存在感を示し、野村監督は早くも開幕先発陣入りにお墨付きを与えた。多くの期待を集める右腕は「僕にとっては第一歩なので、結果はどうあれ、自分のベストの球を投げたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース