ヤクルト・川端「当たり前」 今年は21日間“完走”

[ 2014年2月21日 18:29 ]

 昨年のキャンプを早々に離脱したヤクルト・川端が、今年は無事に21日間を“完走”した。首脳陣に練習量を配慮してもらっていたそうで「できて当たり前。自分のペースでやらせてもらった」と感謝した。

 故障こそ多いが、昨季70試合で打率3割1分1厘をマークした正三塁手。この日は特打の後にさらに居残りで打撃練習を行い「状態がいい時は打ち込んでいる」と、シーズンへ着々と備えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース