中畑監督先発10人構想 加賀美、藤井らは得意球団相手に起用へ

[ 2014年2月21日 05:30 ]

フィギュアスケート・浅田の結果を受けてか、球場に到着するなり涙する中畑監督

 DeNAの中畑監督が先発ローテーション10人構想を明かした。「基本は6人で回すけど、選ぶのが難しい。7~10人目が予備軍になる」。

 ドラフト1位・柿田(日本生命)ら新人3投手、久保、尚成、モスコーソの加入で先発陣が充実。「相性も考慮して、カード別のローテーションを取り入れることも考える」と対戦相手によって起用する投手を決めるという。

 一昨年に中日に3戦3勝だった加賀美、昨季阪神に無傷の4勝だった藤井、昨季ヤクルトに2勝0敗の須田らは、得意の球団相手に重点的に起用される。柿田ら新戦力は、オープン戦では同一リーグ相手に登板させない意向だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース