ノムさん「先輩面した」 谷繁監督に“兼任の心得”伝授

[ 2014年2月21日 05:30 ]

 元楽天監督の野村克也氏が中日のキャンプ地を訪れ、谷繁兼任監督を激励。兼任監督の先輩として「リリーフを用意する際にマウンド上の投手に気付かれないようにすること」と「ヘッドコーチの役割の重要性」の2点を助言した。

 「自分が(兼任監督の頃に)不便に感じたことを伝えた。先輩面して生意気なことを言ってきた」。2900試合出場の谷繁兼任監督は今季、野村氏の持つ最多試合出場(3017試合)の記録更新がかかり、野村氏は「全然こだわってないみたい。自然に追い付き、破るでしょ」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース