大場「アピール考えすぎずに」 東浜「真っすぐで押す」

[ 2014年2月21日 18:00 ]

 ソフトバンクは、22日の西武とのオープン戦初戦に登板予定の大場と東浜がキャッチボールなどで軽めの調整を行った。

 激しい先発枠争いのさなかにある両右腕。先発で4回を任される7年目の大場は「アピールとか、考えすぎずにやりたい」と自然体を強調した。2番手でマウンドに上がる予定の2年目の東浜は「真っすぐでできるだけ押していければ」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース