松井臨時コーチ ヤ軍合流、談笑のイチロー「めちゃめちゃ違和感」

[ 2014年2月21日 08:17 ]

練習中に笑顔でイチロー(左)と話すヤンキース臨時コーチの松井秀喜氏

 ゴジラが帰ってきた。米大リーグで活躍し2012年に引退した松井秀喜氏(39)が20日、フロリダ州タンパでのヤンキースのキャンプに臨時コーチとして合流した。練習用ユニホームでグラウンドへ。照り付ける太陽の下で選手らと旧交を温めた。

 この日キャンプインしたイチロー外野手とは練習中に談笑。イチロー外野手は「めちゃめちゃ違和感があった。ことしはコーチと呼ばないといけない」と冗談めかし、松井氏は「僕のほうが敬語を使っていました」と話した。現役を続ける一つ年上の外野手に「イチローさんの才能プラス努力のたまもの」と敬意を表した。

 松井氏は1日から13日までプロ野球巨人のキャンプで臨時コーチを務め、17日に渡米。日米をまたいでのキャンプ参加となった。ヤンキースのキャンプには黒田博樹投手、新加入の田中将大投手、マイナー契約で招待選手の建山義紀投手も参加している。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース