マエケン 新装スタジアムでフリー登板、46球で安打性8本

[ 2014年2月21日 15:29 ]

改修工事が終了したコザしんきんスタジアムでダッシュを繰り返す(左から)広島・中田、大瀬良、前田

 広島の沖縄2次キャンプが21日、改修工事が終了したコザしんきんスタジアム(沖縄市野球場)でスタート。前田健太投手(25)が早速フリー打撃に初登板した。

 丸、広瀬に対し、習得中のスプリットを含めて46球を投げ、安打性は8本。「まずまず。打者に投げる感覚を確認したかった。これから変化球の精度を上げていきたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月21日のニュース