能見が若手指導「プラスに取ってくれれば」

[ 2014年2月3日 05:30 ]

岩本(右)の隣りで投球練習を行う能見

 阪神1軍キャンプ地の宜野座では、能見が鶴、白仁田、秋山らの若手を積極的に指導した。身ぶり手ぶりを交えてのアドバイスや、自身の投球を披露するなど即席講義を開催。「(本人に)合うか分からないけど。プラスアルファになればいい。プラスに取ってくれれば」と話した。

 ブルペンで直球のみ85球を投じたことについては「僕のことはいいですよ」と謙遜するものの、今後も助言を続けていくのかと問われ「そういう感じです」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース