アンダーソン光るミート力 ニックネームは「とおる」

[ 2014年2月3日 05:45 ]

大きく口をあけて顔をくしゃくしゃにしてから打撃に臨むアンダーソン

 金歯がトレードマークの新助っ人は優等生だった。巨人のアンダーソンはフリー打撃で47スイング中、柵越えは2本ながら、安打性の当たりはほぼ半分の23本とミート力をアピール。元キューバ代表は、金色の歯を2本のぞかせ「07年ごろにキューバではやっていたんだ」と得意げに笑った。

 偶然にも坂本からプレゼントされたマスコットバットも金色。フリー打撃では外国人選手では珍しくバントも5度試み、「巨人のスタイルはどの打順でもバントがあり得るから、自分のモノにしておいてくれと言われたんだ」。原監督も「柔軟性があり、対応力があると思う」と評価した。

 阿部から「とおる」とニックネームを付けられ、早くもチーム内に浸透しつつある。仲間と交流するため、英語教材「ロゼッタストーン」で英語を勉強中。勤勉な背番号42が日本一奪還への救世主となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース