ひちょり予定外ノックにびっくり「足つりっぱなし」

[ 2014年2月3日 05:30 ]

ランニングメニューをこなす森本(中)、右は西口、左は星

 昨年末にテスト入団した西武の森本が伊原監督から予定外のノックを受けた。

 三塁の守備に就いた森本らに突如、指揮官が声を荒らげながらノック。森本は「突然だったので、びっくりした」と振り返った。第1クールはフリー打撃がなく、ランニング中心のメニュー。昨季はわずか4試合の出場に終わった33歳は「走る量が多い。足がつりっぱなし」と話しながらも満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース