菅野流“おもてなし”ドラ1小林に全球種披露

[ 2014年2月3日 05:49 ]

投球練習を終え小林と話す菅野(左)

 巨人の菅野が小林に「お・も・て・な・し」だ。今キャンプでは初めて、菅野とドラフト1位・小林(日本生命)の同学年バッテリーが実現。

 投球練習では、順調なスライダーとカットボールを封印すると公言していた右腕だが「紅白戦やオープン戦で組むこともある。菅野という投手を知ってほしかった」と全球種を投げた。東海大時代には小林(同大)と大学日本代表でバッテリーを組んだこともあり、「凄く投げやすい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース