宮本氏 新人西浦を指導「スローイングがいい 練習すればうまくなる」

[ 2014年2月3日 19:51 ]

 ヤクルトの昨季現役を引退したOBの宮本氏が球場を訪れ、内野手でドラフト2位新人の西浦(法大)を急きょ指導した。

 ゴロを捕る際のグラブの角度などを注意し「スローイングがいいから練習すればうまくなると思う」とエールを送った。

 森岡、谷内らと遊撃を争う西浦は「的確に指導していただいた。こつこつやるのが、うまくなる近道だと思うので頑張りたい」と感謝しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース