中田 見出してくれた恩人にささぐ120球

[ 2014年2月3日 05:30 ]

2日続けてブルペンに入り投球する中田

 悲しみをこらえての120球だった。中日からソフトバンクへFA移籍した中田が2日連続のブルペン入り。「昨夜、夕食会場で知った。一人、へこんでました。渡辺さんがいなければ、今の自分はない。まだ受け入れられない」。

 1日、中日の九州地区担当スカウト・渡辺麿史さんが、急性白血病のため57歳で死去した。無名だった北九州市立大1年から足を運んでくれた「恩人」だ。最後の会話はFA移籍が決まった時の連絡だった。「チームは変わるが、しっかりやるように」。その「遺言」を胸に開幕ローテーション入りへ突き進む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年2月3日のニュース