吉川が初の大役へ意欲「周りが認めて立つもの」

[ 2014年2月3日 18:27 ]

 日本ハムの吉川が3日、初めて本格的な投球練習を行った。キャンプ初日から2日続けてブルペンには入ったが、傾斜を使ってキャッチボールするイメージだったそうで、この日は捕手を座らせて直球のみ33球を投げた。

 左肘に不安を抱えたままキャンプを迎えた昨季は7勝15敗に終わった。万全の状態の今季は開幕投手の有力候補に挙がる。8年目の左腕は「(開幕戦の先発マウンドは)周りが認めて立つもの。結果を残して立てるように頑張りたい」と初の大役へ意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース