大隣 3日連続100球超え「皆勤賞を目指せるように」

[ 2014年2月3日 17:47 ]

 難病の黄色靱帯骨化症からの復活を期すソフトバンクの大隣が3日、3日連続で100球以上を投げ込んだ。

 4日もブルペン入りする予定で「皆勤賞を目指せるようにしたい」と意欲を見せた。

 連日100球の投げ込みが課されている若手中心のB組でキャンプイン。体調を考慮されてのB組スタートだけに、コーチ陣からは「無理だけはしないように」と念を押されているそうだが、「しっかり投げられているし、自分の理想にも近づいている」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月3日のニュース