球史に名残した榎田「仕方ない」16日に2軍降格

[ 2013年9月16日 06:00 ]

<ヤ・神>3回裏1死、バレンティン(奥)に2打席連続となる57号ソロ本塁打を浴びた榎田

セ・リーグ 阪神0-9ヤクルト

(9月15日 神宮)
 バレンティンと初対戦した阪神の榎田が球史に名前を残す引き立て役となった。初回、137キロ直球を左中間に運ばれ、3回にも2打席連続で被弾。3ボールから内角に投じたスライダーを捉えられたが「勝負にいった結果」と振り返った。

 プロ最短の2回2/3、5失点で9敗目。試合後、スタンドからヤジを浴びて引き揚げた左腕は「普段から勝負を避けることはないので。それで打たれたのは仕方ない」と悔いはない。ただ、バレンティンに2発を浴びた代償は大きく、16日に2軍降格する見込みだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース